2005年10月29日(sat)くもり、雨

「さちき、石岡に行くの巻
2月24日(土)晴れ

町並みも情緒があふれています。
こんな風景をめいちゃんが見たらどう思うのかな?

蕎麦「京屋」さんは、時代を感じさせる食器やレジが見られます。
骨董マニアが多く訪れているそう。
今日は、お天気もいいので
昭和浪漫漂う、石岡駅前の商店街を
一人ぶらり旅です。
久松商店withカフェ・キーボーの店内です。
建物は、昭和4年ごろに建てられ、
国指定登録有形文化財に指定されました。
自家焙煎したコーヒーを楽しめます。
春先には、テラス席を設けようかと検討しているそうです。
江戸時代後期に建てられた染物屋「丁子屋」を活かした
観光スポットです。
コーヒー、抹茶が楽しめる喫茶コーナーのほか、
藍染め体験(要予約)ができるそうです。
酒屋のしばのやさんです。
店頭にいるお姉さんは、マネキン。
廃止の危機が襲っている鹿島鉄道(かしてつ)のタスキをかけています。
石岡の住民は、反対活動を一生懸命されてらっしゃいます。

店内には、お酒類はもちろん、さまざまなチーズ、
とりめしの缶詰など、面白いものもたくさん並んでいます。
ちなみに今は大女優の仲間入りを果たした方のポスターも。
これもまた、マニア垂涎ですね。
さちきは、ハートランドビールと房ごと干したレーズンを購入。
ぐらむさんも大満足のお土産をゲットできました。

広い芝生や公園もいいけれど、
懐かしさとぬくもりを感じさせる町並みを
大好きなワンちゃんと一緒に歩くのもたまにはいいのではないでしょうか?
どのお店に行っても、気さくであたたかく受け入れてくれる石岡。
これからも変わらないでいてほしい、と思うさちきでした。